読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オカモトラボの、ラボ。

2つ目のブログ。もっとゆるく。

ハロウィンなのかハロウィーンなのか、それが問題だ。

ハピハロ(^_^)/~こんにちは。岡本です。

 

 

f:id:okamototomohiro:20161026100940j:plain

ここ数年のハロウィンの盛り上がりはすごい物がありますね。

東京から遅れること数年、僕の住む岡山でも、この時期、仮装している人がわんさと出てくる様になりました。

 

 

僕は英語の勉強をしていたので、日本ではディズニーランド&シーぐらいでしかハロウィンを祝ってなかった頃から、外国人のハロウィンパーティに呼んでもらって、仮装(コスプレ)していました。

 

 

 

そのため、いつも思っていたのですが、

ハロウィンの衣装選びって、めちゃくちゃ難しくないですか?

 

 

 

まあ、女性の場合はカワイイ衣装を着たらそれで成立してると思うんです。

 

 

しかし男性はなかなかそうはいきません。半端に格好つけると、すぐに痛い人になりますし、(※ただしイケメンは除く)

 

それを避けるには「突き抜けて凝る」か、「笑いを取りに行く」しかありません。

 

 

しかし、「突き抜けて凝る」のはお金や時間がかかり過ぎます。

 

残るは「笑いを取りに行く」って事だけですが、

 

去年を思い出してください。

 

 

笑いを取りに行った人、結構スベってませんでした?

 

 

…はい、僕もその1人です。

 

ハロウィンの仮装は途中で着替えること難しいので、衣装選びでスベると、それ以降ずっとスベり続けます。

 

 

…なんて恐ろしい。

 

また衣装選びよりもっと恐ろしいのが、 同じグループ内で衣装が被る事です。

 

 

安易に○ン・キホーテなんかで衣装を買うと、高確率で被ります。不思議なくらいに。

 

おっさん同士で被ると気持ちの悪いカップルみたいに見えますし、

笑いを取りに行って、衣装=ネタが被るなんて、想像するだに恐ろしい。

 

 

そこで!

今年は衣装に更にもう一工夫する事にしました。

 

その候補がこちらの2つ↓

 

ポケモンGOの主人公

rakuten_pokego

item.rakuten.co.jp

 

今年人気のポケモンGOです。

でもただのポケモンGOの衣装だけじゃありません。

 

僕の趣味電子工作なのですが、先月、

dsc_4358

ポケモンGOの人気に便乗して、モーター発光ダイオードを使った「動くモンスターボール」を自作しました。

 

もし衣装でスベっても、この「動くモンスターボール」を出せばウケるかも知れません。

 

ちなみにこの「動くモンスターボール」は意外に評判が良くて、

nlab.itmedia.co.jp

先月、一流ネットメディアの「ねとらぼ」様に取り上げて頂いたりもしています。    

 

 

 

ガンダムパイロットのアムロ・レイ

もう1つの候補がこちら。

rakuten_amuro

item.rakuten.co.jp

 

ガンダムというアニメの主人公、アムロ・レイです。

お笑い芸人の若井おさむさんがモノマネをしていますので、むしろそっちでご存知の方も多いかもしれません。

 

僕は若井おさむさんモノマネモノマネが少し出来まして、

 

周りの人からは「何度か聞いていると、ほんのり似てくる」という過分な評価を頂いています。

 

↓僕が若井おさむさんのモノマネをした動画です。

 

この場合には、衣装でスベった時は、モノマネで挽回を狙います。

 

 

 

以上の2つの候補から、ポケモンGOアムロ、どっちにしようか…と迷った挙句、

 

 

ポケモンは今年の流行なので、万が一にも衣装が被る可能性が否定できない。

 

と思ったので、

 

 

 

今年はアムロ・レイにしました。

 

 

 

早速、

dsc_4560

楽天様でアムロ・レイの衣装を購入します。

 

dsc_4558

すぐ届きました。楽天様サイコーです!

 

dsc_4585

今年も先週土曜日、外国人がたくさん居るハロウィンパーリィに参加してきました。

アムロ、行きま~す!」

 

 

 

 

コスプレって慣れればどうって事はありませんが、慣れるまで滅茶苦茶恥ずかしいんですよね。

 

このコスプレでの周り外国人のリアクションですが、まずアムロを知っているのは5人に1人くらい。

それも、「なんとなく見た事あるな」程度です。

 

「それガンダムオリジナル?」といった感じで、あまりピンと来ていません。

(※ファーストガンダムは英語で言うとオリジナルガンダムらしいです)

 

 

これは明らかにマズい状況です。

 

 

しかし、アムロを知らなくても、若井おさむさんはテレビで見た事があるかもしれません。

 

…こうなったらプランBだ!

 

モノマネを披露します。

 

僕「アムロ、行きま~す!」

 

外国人たち「?」

 

僕「オヤジにもぶたれた事無いのに!」

 

外国人たち「??」

 

 

 

…し、しまった!外国人には若井おさむさんのモノマネも伝わらない!!

 

 

…今年も…ダメか…。

 

 

 

 

 

 

しかし!

 

実は、万が一の為に、

不採用にしたポケモンGO用の「動くモンスターボール」を

dsc_4548

分解して、

 

dsc_4549

緑色に塗って、

 

 

dsc_4565_2

ちょっと配線を変えて、

 

dsc_4580

当日、急遽「ハロ」にしていました。

 

 

ちなみに、ハロとは、

google_halo 

 

アムロが持っているガンダムのマスコット的なロボットです。

 

 

これが最終プランCだ!作ったハロをカバンから取り出します。

 

 

僕「ディス、イズ、ハロ。アイ、メイド。(これは私が作ったハロです)」

 

(↓こんな感じで動きます)

 

 

外国人たち「「OH!!」」

 

 

 

…めちゃくちゃウケてました。

 

 

 

ハロでウケた。

 

 

 

ハロで勝った。

 

 

 

ハロWIN。

 

 

 

という事で、タイトルの「ハロウィン」か、「ハロウィーン」か問題については、  

 

 

 

僕の場合、

ハロウィン…でした。 

 

 

 

 

おわり。

 

 

 

 

それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー